海上工事施工管理技術者認定制度について

1. 海上工事施工管理技術者資格の概要

 港湾や空港整備などの海上工事の品質確保のためには、一般の土木施工技術だけではなく、波浪や潮流、水面下の施工といった厳しい環境下で、行われる海上工事固有の特性や技術に習熟した技術者の確保、育成が必要です。

 

 このため、港湾、海岸及び、空港工事に係わる調査研究や技術支援を、実施しているSCOPEが、海上工事を統括しうる優れた技術者を、「海上工事施工管理技術者」として認定する資格です。

 

 なお、この資格は、その前年度の試験合格者が、登録手続きを行うことにより資格者として認定され、原則としてSCOPEのホームページ上に氏名、資格分類、登録番号、登録年度を公表します。

 

 また、登録した「海上工事施工管理技術者」は、技術力の維持向上に努めることとし、そのため、海上工事の実務経験の内容を確認するとともに、技術力の維持向上に向けた自己研鑽を奨励する仕組みとしています。

 

 

2.海上工事施工管理技術者認定試験制度の概要

1)受験申込期間、方法及び試験日

方 法:SCOPEホームページより受付

期間、試験日、試験地については、受験案内で確認して下さい。

 

2)資格要件

 海上工事を、正確、円滑かつ安全に施工するため、海上工事の特性を理解し、その施工に関し、総合的な技術検討、対外調整及び技術判断ができる高度な技術力と経験を有する責任技術者として、工事の施工に関して指導的な役割を果たすことができること。

 

3)資格分類

○海上工事施工管理技術者(Ⅰ類(浚渫))

○海上工事施工管理技術者(Ⅱ類(コンクリート構造物))

○海上工事施工管理技術者(Ⅲ類(鋼構造物))

 

4)受験資格

 受験者は、以下のA、B、Cの受験要件をすべて満足している必要があります。

受験要件A 一級土木施工管理技士または技術士(ただし建設部門に限る)の資格を取得していること
受験要件B 海上工事の実務経験が24ヶ月以上あること
受験要件C

以下のC-1、またはC-2のいずれかの条件を満足していること

C-1 受験する資格分類の海上工事において、技術管理業務の実務経験が12ヶ月以上あること
C-2 受験する資格分類の海上工事において、監理技術者又は主任技術者の立場で実務経験が、2回以上あること

 

5)試験の実施要領

(1) 試験区分、出題分野、試験方法等

1次試験、2次試験の出題分野、試験方法、出題数等は次の通りです。

試験区分 出題分野 試験方法 出題数等 備 考
1次試験 共通分野
(海上工事の施工全般に関する知識)
筆記
(選択式)
25問程度  
専門分野
(受験する資格分類の海上工事の施工に関する専門知識)
筆記
(選択式)
25問程度  
合 計      
2次試験 施工経験
(工事内容、技術管理の課題と解決策等)
論文 約2,000字

2次試験申込み時に

提出

経歴、施工経験、技術者倫理等 面接 20~30分程度  

 

6)スケジュール

受験者の、申し込みから資格認定までの流れは以下のようになります。

 

スケジュールの流れ

 

 

3.資格認定制度規程

 

 

HOMEへ戻る